• ホーム
  • 美容医薬品によるシミ改善の効果

美容医薬品によるシミ改善の効果

ニコニコする女性

美容医薬品でシミに効果といえば、トレチノインとハイドロキノンはよく知られています。
シミはセルフケアでは、なかなか改善が難しい肌悩みのひとつです。
そのため、シミに効果のある美容医薬品を使うことで、改善の効率を良くしていきます。
肌代謝を向上させて、古くなった角質も除去する作用があるのが、トレチノインです。
シミの原因にもなる、黒いメラニン色素生成を防いで、さらに肌を白くしていく作用が働くのが、ハイドロキノンです。
ニキビ跡の色素沈着が残ってしまったり、虫刺されの貴しそ沈着、初宿でできたシミなどにも効果を発揮します。
美容医薬品ですから、皮膚科などで処方してもらいます。
トレチノインは、美白効果がありますが、成分的にも強い医薬品です。
市販で販売しているものではないため、必ず日本国内においては、病院を受診することになります。
医師からの説明を聞いて、使用方法も指導を守りましょう。
トレチノインは、はみ出さないよう、つけすぎないように、気になるシミに塗ります。
塗るときには、清潔な面倒を使用しましょう。
時間が経過すると乾きますから、指を使ってハイドロキノンを、顔全体に塗っていきます。
この時、クリームの白さが残ってしまわないように、しっかりと塗りましょう。
だいたい2ヶ月を1クールとしますから、2ヶ月間継続をしたら、一旦お休みをしましょう。
これらを使用するときには、注意点もあります。
古くなった角質を効率よく葉がして、メラニンを排出していくのがトレチノインです。
刺激もあるため、肌が炎症を起こしたり、ピリピリする事もあります。
しっかりと、医師の診断を受けて使うことです。
また、紫外線対策をして、日焼けから肌を守りましょう。

関連記事